運動会 台風の目

こんにちは、カメラマンhayatobellです。学校写真を10年ほど撮影しております。

今回は、台風の目についてです。これは、結構人気な競技で、これをやっているときの子どもたちの楽しそうな表情は結構ねらい目です。

カメラ設定

カメラ
  • 撮影モード:シャッター優先 (キャノンならTv)
  • 絞り:F8~F11くらい
  • シャッタースピード:1/500~1/800くらい
  • ISO感度:~400くらいまで
  • WB:オート or 太陽光
  • AFモード:サーボ(キャノンならAIサーボ)
  • 記録画質:JPEG M
  • ストロボ:使わない

他の運動会の撮影と同じようにシャッター優先です。シャッタースピードは1/500前後がいいと思います。ぶれそうなら、もう少し上げてもいいかも知れません。しかしながら、台風の目は複数で行う競技ですので、絞りが開きすぎないように気を付けましょう。

ISO感度は、上記のシャッタースピードと絞りを満たす範囲で決定します。

ホワイトバランス(WB)は、オートもしくは太陽光です。

AIモードは、サーボ(キャノンならAIサーボ)です。動きものですのでサーボで撮影します。測距点は中央付近のエリアで行います。余裕があれば、状況に合わせて少しずつ調整しながら撮影します。

記録画質は、Lサイズプリントを想定しているならJPEG MもしくはSサイズです。

ストロボは使いません。帽子の影を薄くしたり、下からあおって撮影する時にストロボがあると便利ですが、ハイスピードシンクロを使うので、光量が不安定になる可能性があるのと、被写体までの距離があって届かない可能性があるためです。

撮り方

運動会 台風の目
  • 望遠 or 標準
  • スタート時
  • カーブする時
  • ジャンプ!

望遠レンズを使って、少し離れた位置から撮影するのが定番ですが、標準レンズを使って近づいて撮ると迫力のある写真を撮ることができます。ただし、カメラマンは黒子ですので、競技の邪魔をしてはいけません。近づいて撮影をしつつも、競技の邪魔にならないように撮影できるならば、標準レンズの方がいいでしょう。

スタート時に走り出す様子はシャッターチャンスです。一人だけ遅れて、必須に追いつこうとしている姿など、写真じゃないと気付かない場面が撮れます。

台風の一番のポイントはカーブするときです。中央付近の生徒さんは、必死に棒を抑えて、外側の生徒さんは振り回されつつも必死に回る姿が撮れるかも知れません。

そして、最後は列に戻る時、ジャンプをするのですが、この瞬間もシャッターチャンスです。

どの場面でも、生徒さんの表情が楽しそうななことが多いです。撮りやすい競技ですので、ぜひともいい場面を抑えてください!

注意点

運動会 台風の目
  • ぶつからないように
  • 各チームまんべんなく
  • 1位チームを撮る

一番の注意は、ぶつかって、競技の邪魔にならないようにすることです。近づいた方が迫力のある写真は撮れますが、ぶつかってはいけません。このあたりは、ギリギリを狙うよりも、無理をしないことに優先順位を置きましょう。左目でファインダー、右目で周囲を見るようにできるといいと思います。

各チームをまんべんなく撮影することをも、忘れないようにしましょう。一つのチームでなかなかいい写真が撮れないと、ずっとそのチームを撮ってしまいがちですが、気が付いたら他のチームがゴールしてしまいます。常に全体を見ながら、各チームの撮れ高を均等にしていきましょう。

1位にゴールしたしーむの嬉しそうな姿も、しっかり押さえましょう。小学生はもちろん、高校生でも思いっきり喜んでくれるので、カメラマンとしては嬉しいショットが撮れると思います。

最後に

猫

台風の目は結構好きな競技です。なぜなら、比較的撮りやすくて、生徒さんの楽しそうな表情が撮れるからです。しかも横並びで来てくれます。学校によって、色々な呼び方があるみたいですが、「台風の目」というと、通じる場合が多いです。